スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアリー詰将棋

私の趣味の一つに、詰将棋というものがあります。

将棋というゲームの最終目的は、相手の玉を詰ますこと、なのですが、
その最後の部分をくくりだしてパズルにしたのが詰将棋です。
将棋人口も最近は減少気味のようですが、
詰将棋愛好家はその将棋人口よりもはるかに少数派です。
私も以前は詰将棋は苦手で好きではなかったのですが、
司法試験受験生時代に、頭の体操というか、気晴らしというか、
で手を出したら、思いっきりハマってしまいました。

知らない人には説明するのが難しいのですが、
中にはものすごく知的で芸術的な「作品」が存在して、
解けたら感動したりします。
大好きな詰将棋作家を一人あげるなら、
やはり上田吉一さんでしょうか。

「詰将棋パラダイス」という同人誌を定期購読して、
毎月、解答を出していました。

その詰将棋の中でも変則ルールのジャンルがあって、
総じて「フェアリー詰将棋」と呼ばれます。
私は、少数派の詰将棋愛好家の中でも、さらに少数派の
フェアリー大好き人間なのでした。

普通の詰将棋は、どうしても将棋の強い人には勝てません。
しかし、フェアリー詰将棋は、
変則ルールの特性を理解して、理詰めで解いていく側面が大きく、
私のように弱い人間でも「実力解答者」の呼び名を頂戴したこともありました。

一応、自慢なのが、
「龍の顎」という超長編ばか詰(1万手を超えます!)を解いたこと
(正解者3名のうちの1人でした。)
と、
神無一族の氾濫の第21回で全題正解したこと
(これも全題正解者3名のうちの1人)
です。

↓興味があったら、試しに見てやってください。(やっぱり、ワケわからんかな…。)
私の詰将棋解答者としてのペンネームは”kz”です。

龍の顎 結果稿
神無一族の氾濫 第21回

私は、時間をかけて執念と馬力で解くタイプだったので、
今のように忙しい生活だと、まともに詰将棋を楽しめません。
詰パラの定期購読だけは続けていますが。
いつかまた、ゆっくり名作詰将棋に取り組んでみたい気もしますが、
もう一生無理かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:がーすー
趣味:
音楽鑑賞(フュージョン、MPB中心に何でも)
詰将棋(フェアリー好き)
サルサダンス(on2) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。