スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族が逮捕されたらどうする?~罪を認めている場合

家族が逮捕されました。どうしたらいいでしょうか?

<罪を認めている場合>
一刻も早く弁護士のサポートが必要です。ぜひ弁護士にご相談ください。

逮捕されて一番困るのが、休みが続いて仕事先を解雇されることです。
「いつ出られるのですか?」よく質問されます。
ところが、実は「絶対に○○日後には出られる」というお答えができないのです。

逮捕されると、その後、逮捕後の72時間、勾留10日間、勾留延長10日間で、
大まかに言って、23日間は捜査のための身体拘束が続くおそれがあります。
「だったら、23日後には出られますか?」
ところが、出られないこともあるのです。
(1)起訴されてしまった場合。この場合、23日間の後も勾留が続きます。
(2)余罪で逮捕されてしまう場合。この場合は、新たに23日間がスタートします。

かといって、絶対に出られないわけではありません。早く出られる可能性はあるのです。
逮捕や勾留は、逮捕勾留の理由(証拠隠滅や逃亡のおそれなど)がある場合に限り裁判官がOKを出します。
(逮捕状は、いわば裁判所が警察に対して逮捕してよいとOKを出した証文です。)
ですから、証拠隠滅や逃亡のおそれがなければ、勾留に不服申立てをして取り消させることもできるのです。
その不服申立を「準抗告」と言います。準抗告が認められれば、早く出られます。

弁護人は、身元引受人を確保したり、解雇回避の必要性を証明するための証拠を集めたりといった活動を一日も早く仕上げて、準抗告にチャレンジすることになります。

私も、2012年には、勾留に対する準抗告が裁判所で認められて、解雇を回避できた事件が2件ありました。
一日も早い釈放を目指して、1件は、夜9時に依頼人宅まで参上して、ご家族から身元引受書をいただくとともに、依頼人の真面目な働きぶりなどにつき事情聴取をして陳述書を作って、夜中に裁判所の夜間受付に証拠として提出しました。もう1件は、依頼人との接見、ご家族からの身元引受書の受領、被害者の方との示談交渉などで八代やその南にまで何度も車で足を運びました。

熊本で逮捕されて、解雇を避けたい方はぜひ菜の花法律事務所の弁護士までご相談ください。

もちろん事件ごとの事情がありますので、どんな事件でも必ず早く釈放できるとは限りません。
まずはご相談いただいて、方針と見通しを立てていくことになります。

また、早期釈放も大事ですが、その後の処分を軽くすること、罪を繰り返さないことも大事です。
そういった点でも専門家である弁護士のアドバイスはお役に立つはずです。

熊本で逮捕された方はぜひ菜の花法律事務所の弁護士までご相談ください。

※ご注意:菜の花法律事務所の弁護士は暴力団関係者からのご依頼はお断りしています。
スポンサーサイト

テーマ : 刑事弁護
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

がーすー

Author:がーすー
趣味:
音楽鑑賞(フュージョン、MPB中心に何でも)
詰将棋(フェアリー好き)
サルサダンス(on2) 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。